読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スノーさんのブログ

いろいろ面白いネタを取り上げていきます

スポンサーリンク

【苦手な人もこれならイケる】【飲みやすい豆乳】スノーさんオススメ

スポンサーリンク

f:id:snowcrystal_6:20170328235132j:plain

昨日ね、大豆について熱く語ったわけなんですがw、

www.snowcrystal-6.com

今日はその流れで、私が毎日飲んでいるめちゃくちゃ飲みやすい豆乳を紹介したいと思います。
 

 

豆乳は健康に良さそうだ、と豆乳を買って飲んでみたものの、独特の匂いやクセでその後飲むのをやめてしまった、という方はいませんか?更に調製豆乳よりも無調整豆乳の方が大豆特有のクセがより顕著ですよね。
 
私もね、豆乳にチャレンジした当初、「豆乳ってほんと美味しくないよなー」と思ったんですよ。ほら、今は沢山のフレイバーが出ていて、味付きのものは美味しいんですよ。「いちご」「杏仁豆腐」「プリン」「バニラアイス」なんかは美味しかったですね。でも、そうじゃない、あれは甘いしカロリーもあるし何より量もちょっとだし、そうじゃないんだ、ノーマルタイプで、大きいサイズを探しているんだ、と。ちなみにこの沢山のフレイバーを出している某豆乳大手さんのノーマルタイプは、残念ながら私の口には合わず。
そこでね、豆乳ジプシーしましたよw
 
 

スポンサーリンク

 

 
 
いろいろなメーカーの豆乳を買っては飲み買っては飲みした結果。
 
 
ついに発見しました
 
 
非常に飲みやすくてずっと続けられる豆乳を。
 
 
それはどの豆乳かと言うと。
 

 

f:id:snowcrystal_6:20170331211009j:plain

この「ふくれん」の豆乳は今まで沢山飲み比べてきた豆乳の中で、本当に一番飲みやすい!!!
 
豆乳特有のあのクセがほぼ無い。他のメーカーの「豆乳の飲みやすさの努力は何???」というくらい飲みやすくて美味しく飲める。この豆乳を知ってしまったら他のメーカーの豆乳は本当に霞んでしまいますね。本当にそれくらい、飲みやすいんです。
 
 
そこでね、「調製」と「無調整」共にあるわけなんですが、どうせ「豆乳を飲む」という選択をするのなら最初から「無調整」を選びましょう。「まず調製に慣れてきたらそこから無調整に変える」というのもアリかもしれませんが、下手すると、「もう調製に慣れちゃったから、無調整はちょっと……」ということになり兼ねません。
 

調製豆乳と無調整豆乳の違い

簡単に述べると、
 
 調製豆乳は砂糖や乳化剤、香料などの添加物が入っていて飲みやすく調製したもの
 無調整豆乳は基本的に大豆と水だけで作られている
 
ふくれんの豆乳で言うと、

200mlあたりの調製豆乳と無調整豆乳の比較

200mlあたり
調製豆乳
無調整豆乳
エネルギー
96kcal 99kcal
たんぱく質
7.8g 10.0g
脂質
4.1g 5.1g
炭水化物
7g 3.3g
ナトリウム
173mg 14mg
カルシウム
23mg 22mg
1.2mg 1.4mg
カリウム
308mg 388mg
マグネシウム
35mg 45mg
コレステロール
0mg 0mg
カロリーは200mlのコップ一杯あたり無調整豆乳の方が3kcal上、栄養面では炭水化物・ナトリウム・カルシウムを除き全ての項目で無調整豆乳の方が上であり、炭水化物とナトリウムは下回るのは大歓迎、その差は大きく下回っており順に3.7gと155mgの差、下回ると困るカルシウムもその差はたった1mg、無調整豆乳が上回っている数値でたんぱく質なら2.2g、カリウムなら80mgも上回っています。このようなことからも「無調整豆乳」を選んだ方が良いと思います。
 
無調整豆乳なら、「あっ、ちょっと自分豆腐作りたいかも」と突発的に思った時にもこの無調整豆乳を使ってお豆腐を作ることができますしw
 
 
まあね、ふくれんさんでも調製豆乳と無調整豆乳ではその飲みやすさに違いはありますけど、それも飲んでいくうちに慣れてしまうし、無調整豆乳でも他のどのメーカーの無調整豆乳よりも本当に飲みやすいんですよ。
 
私はメインでは朝のコーヒーやココアに入れていますが、その他にもシチューを作る時なんかにも使っています。
 

スポンサーリンク

 

 
ちょっと嬉しいのは、背面にはこのように

f:id:snowcrystal_6:20170331211026j:plain

「豆乳を使ったレシピ」が載っていることですね。(レシピを丸々載せて良いのかわからないので一応隠しましたw)
 
ちなみに、「豆乳ならふくれんが飲みやすいんだ、ふーん。でも、やっぱり味が付いてないとちょっとね……。自分でコーヒーやココアやら入れるのも面倒くさいし」という方には、ふくれんから麦芽とコーヒーが入った「コーヒー味」も出ています。こちらは正面に「カロリー50%カット」と書いてあるのでカロリーを気にする方には嬉しいですね。私も何度か飲んだことがあるのですが、美味しかったですよ。
というかふくれんの豆乳はもう何年も飲んでいるのですが、「ふくれんのホームページ」があることをこの記事を書くにあたって今日初めて知りましたw 豆乳のパッケージにはどこにもホームページに関することが記載されていないのでね……w
そこで観てみると、「大豆スムージー」なるものがとても気になりました。なんでも「通常の豆乳では普通に取り除かれてしまう『おから』をそのまま含んだ」『丸ごと大豆飲料』」なんだとか(  ° д °  )「おから」が入っていると何で良いのか、って?それは豆乳には入っていない「食物繊維」ですよ、「食物繊維」
めっちゃ気になる(  ° д °  )www
このふくれんの「大豆スムージー」に関しては、買って飲み次第またレポートしたいと思いますw
 
本当にふくれんの豆乳飲みやすくて大好きなので、今日はこんな内容でお送りしましたが、本当にふくれんの豆乳はオススメです!!!!!
 
 
※豆乳は健康に良いですが、飲みすぎには注意しましょう。200mlのコップ一杯が1日の摂取量の目安です。
 

スポンサーリンク